2018年 04月 22日 ( 1 )
Information











ISHI JEWELRY & Monica Johansson
exhibition

4/28(Sat)~5/6(Sun)




いつもの店内は 洋服が主役で アクセサリーが脇役

GWの期間限定で アクセサリーが主役となり
いつもの洋服が脇役の店内になります








ISHI JEWELRY

d0120442_12382192.jpg

d0120442_12174394.jpg



*作品は コチラで紹介しております 1


*作品は コチラで紹介しております 2



メキシコ出身のデザイナーregina barriosは
メキシコの民族から伝わる編みの技法を生かし
現代風にアレンジし ishi jewelryを立ち上げました

天然石とレザーを編んだものを組み合わせたアクセサリーが
彼女のファーストコレクションであり
メキシコをはじめ アメリカ ヨーロッパ方面 アジアの様々な
セレクトショップで取り扱われています

また ブランド名の"ishi"は彼女が日本に旅行した際に
自分がモチーフとしているSTONEの日本語がイシということを知り決められました
デザイナー自身 メキシコの技術を世に伝えていきたいという思いから
メキシコの先住民族が持つさまざまな技法を使ってアレンジすることに基づき
アクセサリーのデザインを考えています

今では編みだけでなく 染めの技術 型取りして作成する
ロストワックス法も使用してアレンジしデザインしています
染めはメキシコに生植する草木や花など自然のもので染めています
アクセサリーを作るのは民族の方達です
民族の方達に仕事を依頼し 生計を立てていけるように・・・
フェアトレードのブランドです
また 自分のデザインをカタチにすることを支持するだけでなく
デザイン→仕入れ→生産→販売 
自分たちで一からできるよう教えていくことも仕事の一環としています















Monica Johansson



d0120442_12174456.jpg






*作品は コチラで紹介しております


*Monica Johanssonは レザーの色 長さを選んでいただいての
受注生産なります



スウェーデン北部のラップランド地方で生まれ育った
Monica Johanssonは1980年からアクセサリーの製作を始めました
トナカイの肉を食べ生活し 遊牧生活を送りながら
固有の文化を築いてきたサーミ族の血を受け継ぐ彼女が
アクセサリー作りを始めたのは自然なことでした

ラップランドで生きるトナカイ遊牧民 サーミ族の伝統手工芸(ドゥオッチ)の
1つとして生まれたこのアクセサリーは大自然の対話から生み出されています

素材には万能で捨てることのない資源であるトナカイの皮や角
さらには腱までも使用しており これはサーミ族にとって自然の恵み
共に生きたトナカイに敬意を払うという事であります

また 装飾として使用された光沢のある銀糸は
ピューター(錫)と4%のシルバー(ニッケルフリー)からできた合金の糸であり
使い込むほどに輝きが増します

かつてサーミ族がトナカイでスカンディナビア半島からピューターを運搬していたという歴史から
第2の資源となり使用されることとなりました

このピューターを使って刺繍をする装飾品を作るという歴史は約1600年頃と伝えられています
その後 1800年頃に起こった 信仰深い人は自分を飾りつけるべきではないという
レスタディアンリバイバルにより姿を消してしまったが
1900年頃から再度見直されるようになりました
Monicaはこの先 サーミの誇り 長い歴史と文化が永遠に消えてなくならないようにという思いから
まずB01というモデルのブレスレットを作りました
その後も様々なモデルを作り続け 現在もなお Klimpfjallという
スウェーデン北部の美しい自然に囲まれた小さな村にアトリエを構え製作しています

サーミ族の間で幸福をもたらす​お守りとして伝えられてきた
トナカイの角を留め具として使用されたブレスレットは
今もなお普段から肌身離さず身につけるシンボルとして伝え続けられています








ISHI JEWELRY & Monica Johansson
exhibition

4/28(Sat)~5/6(Sun)
*この期間中の営業は 12時~19時になります
*5/1(Tue)は お休みになります



皆さまのご来店 お待ちしております













Schedule



by eminent-blog | 2018-04-22 19:56




by eminent-blog